News

LIXIL、手軽な玄関リフォーム販売4割増

採風タイプは6割増

 LIXIL(東京都千代田区、藤森義明社長)の工事が1日で完了する玄関リフォーム商品「リシェント」の販売数が大きく伸長している。住宅エコポイントが施行された2010年以降、毎年2けた成長で推移し、13年度は前年度比約40%増を記録。同社は「窓や玄関など開口部の断熱リフォームに注目が集まるなか、手軽さが市場で認知された」としている。
 特に近年は節電の意識が高まっており、玄関扉を閉めたまま風を取り込める「採風タイプ」の人気が高い。このタイプの13年度の販売数は同約60%増と10年度の3倍になった。リフォーム需要の高まりを背景に同社では「今後も『リシェント』をはじめとする1dayリフォーム商品の充実を図る」考え。