News

10年で20万人、顔が『崩壊』…美容整形の裏

 『顔が崩れた』など、中国で過去10年間、女性からの美容整形へのクレームが増え続けている。その数は年平均2万件、合計で約20万人。消費者協会のデータによると、顔の腫れや崩れ、あごや鼻の歪み、こめかみの膨れなどは、注射された「ヒアルロン酸」が食品添加物の「ポリアクリルアミドゲル」だった例が一番多い。なんとも怖い話だが、「本物」は注射後6カ月以内に人体に吸収されるため、後遺症はほとんど無いという。