News

オークラ輸送機、LEDで仕分け間口をナビ

投入ミス無い、種まきピッキング

15649

 オークラ輸送機(大庫良一社長)のLED仕分け装置「PTIシステム」が好評だ。ピッキング後の集荷先仕分けが効率的に行える新しいアソート(種まきピッキング)システム。視認性に優れたLEDライトのガイダンスで投入間口を指示し、見やすいタッチパネルによる投入数指示でミスを最小化できる。
 商品のJANコードをスキャンすると、棚の上部に設置されたLEDライトが投入口を照射。人間工学を駆使し、作業者は光の軌跡を追えば、投入すべき集品箱を迷わず確認できるようにした。「表示器ピッキング装置で発生しがちだった上下段の位置誤認による投入ミスがなくなり、ピッキング精度が大幅に向上する」(同社)。位置情報をアナウンスする音声ガイダンスをオプションで装備すれば、確実度を更にアップさせられると言う。
 間口数や表示位置が自由に変更できるフリーアドレスで、棚増設も簡単。アイテムやSKUの変更が頻繁に発生しても柔軟に対応できる。ハンディターミナルのシステムを追加すれば複数人員での同時作業も行え、物量が増えても設備を増設せずに処理できる。棚に表示機がないので、結露による表示機の故障や異動時のケーブル破断といったトラブルが発生しにくいのも魅力だ。