News

ソディック、ワイヤ放電「ALシリーズ」に大型機

メーカー名商品名
ソディックワイヤ放電加工機「AL800G」、「ALN800G」

自動車・エネルギー等の大型「金型」&「部品」用

15656

 ソディック(金子雄二社長)はワイヤ放電加工機の新製品として、昨年に立ち上げた「ALシリーズ」を拡充し、このほど大型タイプの「AL800G」及び「ALN800G」を発売した。
 ALシリーズは、同社ワイヤ放電加工機を代表するシリーズとして好評を続けた「SLシリーズ」の特長を継ぎ、かつ加工性能の向上・安定性を一段と進化させた4軸リニアモータ駆動の高速・高性能仕様機。昨年の発売後、スマートフォン、タブレット端末、精密自動車部品などを代表とする精密金型や精密部品加工分野で実績を伸ばしていた。
 その実績を大型金型や大物部品分野に広げるべくALシリーズの大型機を開発したもの。開発動機について同社は「リニアモータ駆動ワイヤ放電加工機による高速・高精度・高品位加工の優位性を、更に広範な加工領域で実現したいという、お客様からの強い要望があった」としている。「AL800G」、「ALN800G」ともに最大加工物寸法で幅1250×奥行1020×高さ500ミリまで対応できる。
 リニアモータ、放電電源、NC装置、モーションコントローラ、セラミックスなどの主要要素技術をすべて自社開発・製造し高性能を実現、大物ワーク搭載用として最適な機械構造設計手法も採用した。長時間安定した加工が行える。新型の熱変位機能も新たに取り入れた。
 「Sodick IoT」を標準採用し次世代モノづくりもサポートする。またAL800Gは先進的な環境対応型工作機械として、独創的なフルカバーによりグローバル規格に準拠させている(=写真)。
 9月EMOショー(ドイツ)で欧州仕様を展示。新製品は10月のメカトロテックジャパン(名古屋市)にも出展を予定する。