News

ナガセインテグレックス、金型や精密部品向け中型研削盤

メーカー名商品名
ナガセインテグレックス高精度平面研削盤「SGS-75BLD2-Neo3」

700×500ミリ対応

15659

 ナガセインテグレックス(岐阜県関市)は、金型プレートや精密部品の加工に最適な高精度平面研削盤「SGS-75BLD2-Neo3」を開発した。砥石径はφ230~355×幅25~38mm。10月に開かれる工作機械見本市「メカトロテックジャパン2017」で披露する。
 「価格、機械サイズともに想定より大きくなる傾向にあった」(営業部企画室)奥行きの深い中型サイズ以上のNC研削盤への要望に応えた。コンパクトな設置スペースながら、幅700×長さ500mmの研削加工が可能。0.1マイクロmのNC指令値を生かせる高い剛性のコラム型構造を採用した。
 前後・左右軸は、独自の摺動面設計による動圧滑り構造を取り入れ、「匠の手で丹念に仕上げている」。オーバーハングのない真直・直角精度を可能にした点も特長に挙げている。NCには同社開発の新制御システム「Neo3」を搭載。タッチパネルを採用し、平面・溝の自動研削加工をしやすくした。