News

アサダ、Wi-Fi内蔵の管内検査カメラ

メーカー名商品名
アサダロースコープi2522

スマホやタブレットで画像確認

15817

 アサダ(名古屋市北区上飯田西町3-60、TEL.052-911-7165)は9月11日、主力製品である管内検査カメラにWi-Fi機能を追加した「ロースコープi2522」を発売する。
 従来製品では本体の小型スクリーンの映像を見て作業していたが、画面が小さく見づらかったり、複数の作業者が一度に画像を確認できなかったりする問題があった。新機種は作業者間での情報共有や顧客に実際の映像を見せながらの説明ができる。専用アプリを使用すれば文字や図の挿入が可能。現地で報告書の作成や当日中にデータの転送もできる。
 仕様はヘッド径25㎜、ケーブル長22m。重量は3.1kg。本体モニターは3.5型TFTカラータッチパネル液晶(解像度320×240pixel)。配管内以外の狭い壁の隙間なども標準付属品のカメラケーブル1000(ヘッド径17㎜、ケーブル長0.9m)で検査できる。年間売上4500万円を予定している。