News

フルタ電機、ポンプのいらない細霧送風機

屋外使用可、ホースにつなぐだけ

15832

 フルタ電機(名古屋市瑞穂区、古田成広社長)は、高圧ポンプが不要な細霧発生送風機「テンペストTPシリーズ」を発売した。要望の多かった指向性の強い送風を可能にした機種として、屋外施設の冷房、設備の鎮塵対策、アミューズメントの特殊効果などの需要を見込んでいる。
 水道ホースに直結させるだけで使用できる。細霧ノズルを使わない構造に設計したことで、目詰まりの心配もない。粒子径は連続的に変更が可能なほか、屋外環境に耐えられる仕様とした。騒音値は67dB。三相200V仕様(国内希望価格50万円)、単相100V(48万円)を用意した。
 同社は、「工場などの現場では局所的に冷やすのも有効な手段の一つとされているが、冷房機器からの排熱が課題だった。一方、細霧ノズルで冷やす場合は現場まで持っていくのが難しかった。その点を考慮しながら新機種では『屋外でも使いたい』との声に着目して開発した」とコメントしている。