News

DMG森精機、コンパクトな40番立形MC

メーカー名商品名
DMG森精機マシニングセンタ(MC)「i30V」

30番テーパ機を改良

15850

 DMG森精機(森雅彦社長)は9月1日、30番テーパ機サイズで40番テーパを標準装備したマシニングセンタ(MC)「i30V」を発売した。
 同MCは、量産部品加工用に適した30番テーパの立形MC「MAX3000」を改良。サイズは機械幅1558mm、所要床面積約5.1平方m。スライドユニットの中に多くのローラを組み込み高剛性にした。
 段取りステーション側には580mmの両開きスライドユニットドアを採用。テーブルサイズは自動車などの小物品加工に適した幅600mm、奥行き300mm。オプションで30番テーパも搭載できる。早送り速度は全軸クラス最速の毎分62m。
 高速2面APC(オートパレットチェンジャー)により、1台で2種類のワーク加工や2工程の加工ができる。定価は(税別)1600万円。