News

CKDがエア式バランサに新タイプ

メーカー名商品名
CKDパワフルアームPFB2シリーズ

真空吸着でモノを移載

16108

 CKD(梶本一典社長)は、このほど東京ビッグサイトで開催されたフルードパワー国際見本市に、アーム形助力装置「パワフルアーム」の新製品「パワフルアームPFB2シリーズ」を展示した。遠からず発売予定だが、発売時期や価格の詳細は明らかにしていない。
 パワフルアームは、重量物をスムーズに持ち上げたり、水平移動するのに使う。単軸アーム、各アームを組み合わせた2軸、3軸タイプなどとラインアップも充実し、市場で実績を伸ばしていた。
 新型機は、真空バキューム方式により、上方からの吸着力でモノを吊るし上げ、移動するタイプ。一般的な機械工場や食品工場、マテハンラインなど「A点からB点へとモノ移し変える必要のある現場では必ず戦力になり得る」という。「この吸着式は、運ぶモノの重量が負荷になる積載式よりも劣化しにくく、より長寿命が期待できる」と説明員。 会場では30キログラムの米袋を吊るし上げ、片手でラクに前後左右自在に動かすなどの実演を行った(=写真)。