News

ダイヘン、搬送やネジ、組立等の用途拡大へ

メーカー名商品名
ダイヘン6軸ロボット「FD−V8」

ケーブル内蔵ロボから8kg可搬

16321

 ダイヘン(大阪市淀川区)は、可搬質量8kg仕様の6軸ロボット「FD−V8」を発売した。アームに内蔵するケーブル数を従来製品の2倍に増やすことで、複雑な設定が必要な溶接やハンドリングであっても、干渉の少ないロボットシステム構築を可能にした。
 同社が得意とするアーク溶接以外に、搬送、組立、ネジ締めなどの自動化に対応するオールラウンダー機として開発した。各種ケーブルやホースを内蔵し、様々な先端ツールに対応する。食品、化学薬品などで需要が高まっているIP54相当の防塵・防滴性能を備えている。
 可搬質量を同社従来機比で1.3倍まで引き上げながら、基本軸の速度を最大15%アップさせた。センサ類を組み込みやすくしたほか、アーム(下腕)の5%スリム化で高密度配置にも対応する。
 本体質量は従来機より3%軽い140kgに設計。天吊や壁掛けシステムでの設備導入コスト削減を図った。一線式パワーケーブル、コンジット以外のケーブルをアームに内蔵することで、スパッタ発生量を大幅に抑える高度な溶接工法にも対応しやすくなっている。
 アーム後方のケーブルをなくすことで、周辺との干渉を回避した。ロボット間距離は同社従来機比で約20%短縮。高密度配置、ライン長の短縮を可能にした。
 メーカー希望価格は税抜380万円。年間3000台の販売を目指す。FAロボット事業部の担当者は、「ハンドリングなどの溶接工程周辺をかためないと、アーク溶接の分野も伸びない。9月末に開設したWEBサイト『ロボットサイト』を活用しながら、販売実績に占める周辺用途の割合を現状の10%から20%に上げていきたい」と話していた。

(2017年10月25日号掲載)