News

タカラスタンダード、内装エマウォール専用SR

メーカー名商品名
タカラスタンダードエマウォール

非住宅向けへの提案を強化

16514

 タカラスタンダード(渡辺岳夫社長)は都内の法人顧客向け浜松町ショールーム(東京都港区浜松町1-27-16)内に、ホーロー内装材「エマウォール」インテリアタイプ専用の展示フロアを開設。10月23日に報道向け内覧会を開催した。
 内装材専門のショールーム開設は同社初の試み。「東京オリンピックを前に建設・改修が活発化しているホテル等のほか、商業施設、交通機関、マンション共用部など、非住宅分野への提案を強化する」(同社)という。
 エマウォールはホーローの持つ清掃性と耐久性を生かしつつ、インクジェット印刷技術により多彩でリアルな表現が可能な建材。ショールームでは、木目調のエマウォールの壁にクリスマスローズをデザインしたエマウォールを絵画のように配置した店舗カウンター、ダークな色調でまとめたホテル受付、鉄道コンコースと華やかなパブリックアートなど、様々な活用シーンを提案した。また、「ホーローは表面に艶があり、照明の当て方次第で色合いに変化をもたせられる」とも。庁舎・ビルのロビーを模した空間では、マイカ(雲母)を混ぜ込んだエマウォールに間接照明で光を当ててほのかに煌めせるなど、空間演出の多彩さも見せた。
(2017年11月25日号掲載)