News

ダイキン工業、電話対応コンテでゴールドランクに

製造業で初

 ダイキン工業(大阪市北区、十河政則社長兼CEO)は電話対応担当者の電話対応サービスの向上を目的に開かれた「第21回企業電話対応コンテスト」(公益財団法人日本電信電話ユーザ協会主催)で3年連続で理事長賞を受賞し、製造業で初となる「ゴールドランク企業」に認定された。ユーザーの困り事を聞き出してから具体的な説明に入る手順が迅速丁寧で、真摯な姿勢から「最初から最後まで洗練されたレベルの高い対応」と評価された。
 このコンテはユーザ協会が毎年開催。事前エントリーした事業所に協会の専門スタッフが仮の客となって予告なく電話をかけて評価する。今回は全国から435事業所がエントリーし、上位4社が「会長賞」(1位)、「理事長賞」(2~4位)に選ばれた。
(2017年12月10日号掲載)