News

コマツ産機、3次元ファイバーレーザー加工機発売

メーカー名商品名
コマツ産機3次元ファイバーレーザー加工機

フライングオプティクス方式、自社発振器

16880

 コマツ産機(川西宣明社長)は、3次元ファイバーレーザー加工機「TLH510-2」と「TLH408-2」を昨年12月に発売した。同社は3次元レーザー加工機の先駆者として実績・技術の両面でこの分野の加工機をリードしていた。
 2010年に市場投入した従来機をフルモデルチェンジした。生産性の向上、安定加工による品質向上、また使いやすさにおいても進化したとする。
 XYZ方向に加工ヘッドが高速駆動するフライングオプティクスタイプ。オフセット型ヘッドと自社製ファイバーレーザー発振器、高速タイプのロータリーテーブルなどにより加工時間を短縮させた。同時にコントローラーにコマツ製「C4」を採用し、「さらなる高速・安定加工を実現した」(同社)。一例として「C4」が持つS字カーブ型加減速制御によって「滑らかな加速」が可能になって微振動を抑制、加工品質や軌跡精度を向上させ、かつワーク形状によっては1割以上の加工時間短縮を可能にする。同コントローラーによるパワーコントロール機能や高速アプローチ機能も品質向上・時間短縮に貢献する。
 機械稼動管理システム「KOMTRAX」を標準搭載し、稼働状況の詳細をインターネット経由で確認できる。
 「TLH510—2」(=写真)、「TLH408-2」ともに発振器出力で2キロ、3キロワットの2種を用意。「TLH510—2」で国内販売価格(税別)1億50000万円。全体で初年度30台の販売目標。
(2018年1月25日号掲載)