News

パナソニック、新橋の住設展示場を一新

狙うは潜在リフォーム客

1691

 パナソニック(エコソリューションズ社)は東京・東新橋にある住宅設備総合ショールームの1階を全面改装し、「リフォームパーク」として9月6日にオープンした。水回り設備・内装建材など住宅設備の新旧が比較できる展示や「家事ラク」「バリアフリー」といったテーマ別機能展示などを用意し、約1100平方m(330坪)のフロア全体でリフォームを体感できる。
 中央には戸建およびマンションのリフォーム空間展示とHEMS(家庭用エネルギー管理システム)の説明コーナーを用意し、来場者のニーズを顕在化するよう工夫した。マーケティング本部の谷聡ショウルームグループマネージャーは「今までリフォームに対応してこなかったわけではないが、商品選定を支援する意味合いが強かった。漠然とリフォームを考えている、あるいはとにかく一度ショールームを見てみようと思うお客様の背中を押せる空間」と説明する。
 開館は午前10時から午後5時まで(水曜日が休館日だが祝日は開館)。月間3万人の来場を目指す。