News

京セラTCLソーラー、水上メガソーラー事業を開始

1699

 東京センチュリーリース(浅田俊一社長、以下TCL)と京セラ(山口悟郎社長)が、共同出資により設立(2012年8月)した京セラTCLソーラー合同会社は、水上設置型メガソーラー発電事業に取り組むことを発表した。
 仏シエル・テール・インターナショナル(アレクシー・ガヴォーCEO)より水上架台(フロート)の提供を受け、同事業が可能になった。 太陽光発電の導入拡大により国内のメガソーラー用地は減少傾向。京セラTCLソーラーでは「日本には農業用ため池、河川増水時の調整池などが多く、これらの水面を発電事業に活用したい」という。現在100件を超える引き合いがあり、2014年度内には全国のため池等を対象に合計約60MWの水上設置型メガソーラー発電所の開発を目指す。
 第一号案件として、兵庫県加東市の西平池と東平池において水上設置型メガソーラー発電所(合計約2・9MW)の建設を今年9月より開始する。西平池に建設予定のメガソーラー発電所(約1.7MW)は、水上設置型では世界最大。発電開始は2015年4月の予定で、合計約330万kWhの見込み。一般家庭約920世帯分の年間電力消費量に相当する。
 京セラTCLソーラーによると、水上設置により冷却効果が得られ、地上置き型・屋根置き型と比べて高い発電量が期待できるほか、 太陽電池モジュールが水面を覆うことで、貯水の蒸発量の軽減や藻類の異常発生を防ぐことができるという。また、シエル・テールが提供するフロートは100%リサイクルが可能で、フランスで3年以上の稼働実績がある。本事業では台風に耐えうる十分なフロートの強度設計、連結技術を採用した。