News

ファナック・日立・PFNが新会社、産業機器AI即時制御の実現へ

 AI(人工知能)がリアルタイムに機器を賢く統合制御する次世代の産業現場が、現実のものに近づきそうだ。ファナック(稲葉善治会長)、日立製作所(東原敏昭社長)、Preferred Networks(西川徹社長)は1月31日、合弁会社「Intelligent Edge System 合同会社」(山梨県南都留郡忍野村)設立(4月2日付)に向けた合意を発表。新会社では「インテリジェント・エッジ・システム」など次世代制御システムの開発を進めることで、Society5.0 の実現に向けた協創を進めるとした。
 インテリジェント・エッジ・システムとは、「クラウドと工作機械、産業機械、ロボットなどのエッジデバイスとの中間層においてAIを活用し、定時性をもったリアルタイム制御を実現するシステム」(ファナック)。開発に当たっては、ファナックの工作機械・ロボットに関する技術・ノウハウ、日立の製造現場における制御技術をはじめとしたOTおよびITの知見、そしてPFN のディープラーニング技術や分散コンピューティング技術の融合を進める。
 現在日立の執行役副社長を務め、4月1日付でファナックの副社長執行役員に就任する齊藤裕氏が、新会社の社長を兼任する。資本金は3000万円で3社が1000万円ずつ均等に出資する。
 合弁会社設立後、事業性検証および事業計画の策定を行い、その後、実際のシステム開発や適用分野の拡大を図る計画。ファナックの稲葉善治会長は「当社がIoT への取り組みとしてFIELD system の開発に今後とも力を入れていく上で、より高速で定時性をもったリアルタイム制御の実現をめざす合弁会社の活動は、プラスの効果をもたらす」とコメントしている。

(2018年2月10日号掲載)