News

フコク、コンパクトなパイプ開先加工機

メーカー名商品名
フコクパイプ開先加工機「ポータブルベベラー B-500」

炎や火花を出さず高精度に加工

17092

 フコク(神奈川県横浜市港北区新羽町575、TEL.045-540-4907)は、パイプ開先加工機「ポータブルベベラー B-500」を発売した。コンパクトなデザインながら、ワンパスで一定のきれいな開先面を実現する。また、炎や火花を出さずにわずか2分以内で精度の高い加工を可能とした。
 適用加工範囲はパイプ(直径最小4インチ)から平板までで、パイプ肉厚/平板厚は最小4.8mmから最大12.mmまで対応できる。開先角度は標準の37.5度に加え、オプションで30度、45度も用意している。またカッターヘッドは、ほとんどの鋼鉄及びステンレススチールに使用できる。
 標準備品はベベラー、手動クランクハンドル、37.5度カッターヘッド、6-4エッジチップ、トルクドライバ及びネジとなっている。

(2018年2月25日号掲載)