News

過去最高に、台湾企業の上海投資

 台湾企業の上海市への投資額が今年上半期、過去最高の16億4000万米ドルとなった。前年同期比70%近い増加。新規投資や上海自由貿易区向けの投資が増えていることが背景で、上位20位までで全体の約6割(9億6600万米ドル)を占めた。とくに金融業を含むサービス業が目立ち83.7%と圧倒的。「上海の台湾企業は5〜10年の転換期を経て、産業構造を高度化している」と指摘するのは台湾事務弁公室。