News

ダイキン工業、低温暖化冷媒採用の業務用マルチ

メーカー名商品名
ダイキン工業業務用個別運転マルチエアコン「GREENマルチ」

冷媒の温暖化影響76%削減

17113

 ダイキン工業(大阪市北区中崎西2-4-12、TEL.06-6373-4312)は業界で初めて低温暖化冷媒HFC-32(R32)を採用し、従来機種より大幅に環境性能を高めた業務用個別運転マルチエアコン「GREENマルチ」を8月中旬に発売する。
 HFC-32は従来のR-410Aに比べて地球温暖化係数(GWP)が低く、エネルギー効率に優れ冷媒充填量が削減できるため、本製品の冷媒による温暖化影響は従来機に比べ76%の削減。「キガリ改正」(2016年にモントリオール議定書締結国会議で合意)における2029年までの削減目標に相当するという。

(2018年2月25日号掲載)