News

シチズンマシナリーミヤノ、主軸台移動形CNC旋盤で新製品

メーカー名商品名
シチズンマシナリーミヤノシンコム「L32シリーズ」

米国最大の工作機械見本市「IMTS2014」に出品

1773

 シチズンマシナリーミヤノ(中島圭一社長)は、主軸台移動形のCNC自動旋盤として「圧倒的支持を得てきた」(同社)というシンコム「Lシリーズ」に、大口径機種「L32シリーズ」を追加、来年4月から発売すると発表した。去る9月8日から開催された米国最大の工作機械見本市「IMTS2014」に出品、国内では10月30日からのJIMTOFで披露する。  新たにモジュラーデザインを取り入れた。「様々な機能モジュールの組み合わせで、個々のニーズに応じた最適な仕様をタイムリーにお届けできる」(同社)点が、大きな特長だ。
 このスタイルに沿って、L32シリーズは4機種を一挙ラインアップ。即ち、くし刃刃物台回転工具の回転軸Bと背面刃物台のY、2つの軸を追加搭載した7軸仕様のハイエンド機(ⅩⅡ型)から、Y2軸搭載タイプ(Ⅹ型)、B軸搭載タイプ(Ⅸ型)、X2軸、Y1軸、Z2軸の5軸仕様(Ⅷ型)までを揃えた。アタッチメントの組み合わせなども様々できる。このうちB軸仕様機を選べば、回転工具によって正面と背面の複数角度の斜め穴加工(角度無段階)や、4軸同時制御のコンタリング加工が可能になる。
 さらに長尺加工に適したガイドブッシュ式と、残材を減らせるガイドブッシュレス式の切り替えが可能。「ガイドブッシュを短時間で簡単に取付け・取り外しできる方法を実現した(特許出願中)」為だ。
 ソフトウエアオプションのオンライン販売サービスや高速プログラムチェック機能も標準装備し、同社独自の「アルカプリソリューション」に対応している。
 国内標準価格(税込)は5軸仕様の「Ⅷ型」で1023万8400円、B、Y軸を搭載したハイエンドの7軸機「ⅩⅡ型」で1369万4400円など。L32シリーズ合計で月産20台を予定。