News

アマダホールディングス、米国東部に製販拠点を新設

 アマダホールディングス(磯部任社長)は4月27日、米国東部のノースカロライナ州にベンディングマシンの新工場を設立したと発表した。新工場の敷地面積は16万平方メートル、生産能力はベンディングマシン月産30台、同マシン周辺装置月産20台。2020年1月稼働予定。
 また、グループ会社であるアマダ・アメリカ(カリフォルニア州)は、機械販売会社アドバンスト・テクノロジー・セールス・アンド・サービス(ノースカロライナ州)を買収、4月には同社を吸収合併し、営業を開始した。
 北米では製造業への回帰の流れに応じて、製造業の集積地である米国東部における設備投資が拡大しつつあるが、アマダグループの製造・販売拠点は、西部および中西部が中心だった。今回、米国東部地区に新たな製造・販売拠点を設けることで、「今後の成長が期待できる東部で現地ニーズに対応した商品を迅速に供給できる体制を整え、板金事業のさらなる拡大を目指す」(同社)。一方で西部カリフォルニア州でもレーザマシン製造工場の能力増強(30%の生産増)を進め18年10月に稼働予定。同グループでは中期経営計画で北米市場拡大を掲げており、「2021年度までに北米で売上700億円を目指す」(同)。

(2018年5月15日号掲載)