News

スイデン、大型送風機φ700に低騒音型

メーカー名商品名
スイデン大型送風機「どでかファン」
17886

 スイデン(大阪市天王寺区)は、大型送風機「どでかファン」の羽根径700ミリメートルクラスに低騒音タイプを加えた。最大風量は毎分723/877立方メートル(50/60Hz)。風量を従来機と同等に維持しながら、最大で10dBの低騒音化、13.5%の省エネ化を可能にした。
 風の流れをスムーズにする拡管構造を採用。羽根の形状などを工夫することで、旋回流(風の渦)を制御し、抵抗と共振音を減らした。風の向きは俯仰角に180度調整可能。ブレーキ付きの4輪キャスターが付いている。工場やトンネルで、空気補助、煙・熱気対策、外気の取り込みなどに使用する。
 川合雄治社長は、「大型送風機は熱気を一気に吹き飛ばすのに便利。空気の流れをつくりやすいのが特徴だ。ケーシングの設計、羽根の材質やひねりによって、音も風力も変わるため、専門メーカーの力の見せどころと言える」とコメントしている。

(2018年5月25日号掲載)