News

三菱マテリアル、多機能カッタに新アイテム

メーカー名商品名
三菱マテリアルAPX3000

深切り込み用ボディを追加

17898

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横綱1-6-1、TEL.03-5819-8770)は、ランピング加工をはじめとした、3次元加工に対応する多機能形ショルダカッタ「APX3000」に深切り込み用カッタボディを追加した。
 深切り込み用カッタボディは、カッタボディのバックメタル量が大きく、高い剛性を実現。大きなすくい角により、切削加工時の熱発生を低減できる。外周刃に複数のインサートを配列することによりシャンクタイプは28−55mmの切り込み量を実現する。シャンクタイプφ20−40mmの9アイテム、アーバタイプφ40、50mmの2アイテムを展開。標準価格(税抜)は9万900円~19万6000円。

(2018年5月25日号掲載)