News

東芝キヤリア、既設配管が洗浄レスで使えるビル用エアコン

メーカー名商品名
東芝キヤリアビル用マルチエアコン「スーパーモジュールマルチi更新用」

2015年省エネ法APF基準値をクリア

1806

 東芝キヤリア(神奈川県川崎市幸区堀川町72-34、TEL.044-331-7414)は2015年省エネ法APF基準値を全機種でクリアしたビル用マルチエアコン「スーパーモジュールマルチi更新用」23機種(冷・暖房能力14.0−136.0kW)を来年3月下旬に一斉発売する。R22冷媒およびR407C冷媒を用いたビル用マルチエアコンにおける既設配管を洗浄レスでそのまま再利用でき、設置コストが抑えられる。
 室外機は高効率なDCツインロータリーコンプレッサーを搭載し、インバーター駆動周波数を0.1Hz刻みでコントロールする。最遠配管相当長を235mまで延長できる配管自由度の高さに加え、室内ユニットの接続で中小規模ビルだけでなく大規模ビルの空調更新が可能。価格はオープン。