News

ABB、豊田市にロボット導入支援拠点開設

自動車・部品と金属加工に特化

18080

 ABBは6月4日、名豊事業所(愛知県豊田市鴻ノ巣町4-86-1)内に「ABBロボティクスアプリケーション・センター中日本」を開設した。14年6月に開設した食品製造業向けの「ABBロボティクスアプリケーション・ワークショップ」(東京都多摩市)に次ぐ、国内2カ所目のロボット導入支援拠点。同様の拠点は世界に28カ所あるが、中日本のセンターは自動車と同部品製造、金属加工向けに特化した初の拠点となる。
 ABB日本のアクセル・クーア社長はユーザーからの要望に応えて開設に至ったとし、「日本の自動車産業の中心地であるここ豊田市から、自動化技術を発信していきたい」という。またロボティクス事業部の中島秀一郎事業部長は「システム構築から専用機器とのセット、パッケージ化、ソフトウェアまで様々なオプションを展開し、日本一面倒見の良いロボットメーカーになる」と表明した。

■検査や組立、搬送に焦点
 センターではパッケージシステムを各種展示し、導入テストやソフト支援も行う。工作機械へのワーク搬出入を自動化するロボットシステム「FlexLoader」では、新規ワークのティーチングなどがビジョンシステムの調整のみで10分以内に完了する。多品種少量生産にも対応でき、エアブローやバリ取りなど後工程も追加できる。
 多軸ロボットのハンド先端に3Dスキャナを備えた検査システム(VRで展示)は人手での検査の約10倍のスピードで検査が完了。海外での導入実績は100件を超える。また、スペインの拠点が開発する高速プレス間搬送システムは日本初の展示。6軸ロボットの先端に設けたカーボン製の水平アームで薄板を極力振れさせず高速搬送を可能にする。
 同社では「自動車メーカーでも検査工程や組立、搬送工程の自動化はまだこれから。ティア1以下も含め、自動車産業の集積する中部地域での提案を強化したい」とした。

(2018年6月25日号掲載)