News

岩崎電気、ナゴヤドームにLED照明システム

消費電力6割減、8K対応の高演色

18144

 岩崎電気(伊藤義剛社長)は、スタジアム全体でフルカラーの光演出が可能な同社のLED照明システムが、プロ野球球団「中日ドラゴンズ」のホームグラウンドである「ナゴヤドーム」(愛知県名古屋市)で採用されたと発表した。設計・施工は竹中工務店。国内プロ野球の大型屋内スポーツ施設として日本で初めての採用という。
 既設のメタルハライドランプ投光器に比べ、総消費電力を約60%削減。器具数量を減らしながらプロ野球開催に必要な照度を確保し、まぶしさ(グレア)も軽減した。フィールド照明に用いたLED投光器「LEDioc FLOOD ZEST」は、4K・8Kのスーパーハイビジョン撮影に対応した超高演色LEDを採用し、自然な色の見え方を実現する。スーパースロー再生で用いられるハイスピードカメラ撮影時の「ちらつき」も、独自の電源回路設計によるフリッカレス点灯で防止できる。

(2018年6月25日号掲載)