News

安田工業が10年ぶり内覧会

納品前の航空機向け横MC披露

18340

 安田工業(岡山県浅口郡、安田拓人社長)は7月5日、工場見学やセミナーで構成する内覧会を本社工場で開いた。約10年ぶりの内覧会に機械ユーザーや流通関係者ら103社・233人が参加した。1年ほど前に受注し、完成間近となった航空機部品加工向け大型5軸横形マシニングセンタなどを披露した。
 第3工場で披露した目玉機はチルトテーブルの付いた5軸MC「YBM8T−63TT」(テーブル寸法630ミリ角)2台と「同100TT」(1000ミリ角)3台。同社は「10年ほど前に続き2度目の航空機ブームが来ている。航空機部品加工に関わるお客様にじっくり見てもらいたい」(守屋登貴保営業本部長)と話した。同社製MCは金型加工に使われることが多く、航空機部品加工向けはウェイトとしては少ない。だが、守屋本部長は「当社機は剛性が高く難削材加工に向き、航空機エンジン回りや足回りをターゲットに向こう5年で現状売上の倍増を目指したい。5軸機だから精度が落ちるというつくり方をしていない」と力を込める。
 一方で、昨秋のMECTで披露したデザイナー・設計者向け3Dトランスレーター「Labonos LDR 200」の機械幅を50センチほど短縮して幅1955×奥行1300×高さ1865ミリに小型化した量産用モデルを披露。専門知識が要らず直観的操作で3Dデータ(IGES、STEP、STL)からリアルなモノ(ポリアミド、ABS、ポリエチレン、ポリカーボネートなど)に変換できる。「積層の質感が出る3Dプリンターでは後工程が必要になることが多いが、切削機である本機なら量産品に極めて近い形状が作れる(加工精度30ミクロン)。たとえば補聴器を作れば集音性、風切音も確認できる」と言う。セットできる材料サイズは最大200×190ミリ。ノウハウをデータ化したプロセスデータや切削工具も安田工業が提供し、本体価格1500万~2000万円を想定し今秋の発売を目指す。

(2018年7月25日号掲載)