会社ガイド新着情報

平行2主軸CNC旋盤 同クラス最短ローディング機「TT-1100G」

 非切削時間を短縮する為、ローディング方式を一新し、搬送エリアを加工室の上面から前面に変更することで主軸の正面でローダーが待機できるようになりました。また、ワークの受け渡し時に主軸とローダー双方が前進する構造としました。これらによりローディング距離を従来機と比べて圧倒的に短縮化しローディングタイム1.9秒を実現、非切削時間を大幅に削減しました。

 従来機の本体構造はサドル・クロス方式でしたが、「TT-1100G」はコラム方式を採用し、水平方向に配置していたX軸を、垂直方向に配置しました。この構造により、機械幅を従来機と比べて500mm(1/4省幅)短縮しつつ、加工対象ワークは従来機と同様のサイズに対応可能となっています。対象ワーク径φ80mm、長さ80mm、重量0.7kg(×2)

18628