会社ガイド新着情報

新製品「AI搭載次世代形彫放電加工機SV-Pシリーズ」

 生産現場では、製品のウェアラブル化や自動車の電動化の加速によって部品構成が大きく切り替わるなど、加工部品が多種多様化する中、導入設備においてはAI技術を用いた高精度加工と、IoT技術を用いた機械の最適稼働による生産性の向上が求められています。

 「SV-Pシリーズ」は、コネクターなどの微細加工からスマートフォンや自動車部品などの中大面積まで多種多様な加工に適した形彫放電加工機の最上位機種であり、新型制御装置「D-CUBES」に内蔵した当社AI技術「Maisart」活用の新適応制御技術と、独自の高精度技術「サーマルバスター」を搭載し、さらなる生産性の向上に貢献します。また、IoTを活用したリモートサービス「iQ Care Remote4U」により、遠隔からの装置の運用と保守を支援します。