News

京セラ、三菱UFJリース、竹中工務店

太陽光発電事業の合同会社を設立

 京セラ(山口悟郎社長)、三菱UFJリース(白石正社長)、竹中工務店(宮下正裕社長)の3社は9月30日、太陽光発電による売電事業を実施することを目的とした共同出資会社「KMT ソーラー合同会社」を設立した。資本構成は京セラ40%、三菱UFJリース40%、竹中工務店20%。
 新会社では、企業などが保有する遊休地などを対象として売電事業を日本各地で実施していく予定。同事業において、京セラグループは太陽電池モジュール・周辺機器の供給と保守管理業務を、三菱UFJリースは会社運営事務とプロジェクトファイナンスを活用した資金調達を、竹中工務店は発電所の設計及び施工を行う。京セラでは「現在、複数の候補案件をあげて各関係先と交渉中であり、早ければ2015 年中の建設着工及び稼働を目指している」という。