News

ノーリツ、2製品でグッドデザイン賞を受賞

 ノーリツ(國井総一郎社長)のガス調理器「スマートコンロ」と、ガスファンヒーター「GFH-4003D」が、2014年度グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞した。「スマートコンロ」はグッドデザイン・ベスト100にも選定され、グッドデザイン金賞等特別賞の候補にも上がっている。この2製品は東京・六本木の東京ミッドタウンで開催される「グッドデザインエキシビジョン2014」で10月31日から11月4日まで展示される予定。
 「スマートコンロ」は、子会社のハーマンと大阪ガスが共同で開発した。今回の受賞では、従来のコンロのイメージを覆すデザイン性や操作を「ツイストスイッチ」に集約させ直感的な操作を可能にした点などが高く評価された。ガスファンヒーター「GFH-4003D」は、カラーバリエーションやシャープな形状、またボタンなどの操作系の位置が実用的である点が好評だった。