News

輸出関税を無税、ベトナムが天然ゴムや合成ゴム

 天然ゴム相場の下落に直面するベトナムが10月2日から、合成ゴムを含めた輸出関税を0%に引き下げた。自国産の原材料の輸出を抑制し、国内の加工産業を育成することが目的の関税で、今回の措置は地場産業の売り上げ増加が狙い。同国の天然ゴムの輸出量はタイ、インドネシアに次ぐ世界3位。主に中国やマレーシアが輸出先だが、輸出額は2013年の約13%減少に続き、14年1−8月も前年同期比31.7%減と激減中。