News

ダイキン工業、ルームエアコン「うるさら7(Rシリーズ)」

メーカー名商品名
ダイキン工業ルームエアコン「うるさら7(Rシリーズ)」

設定温度到達後も温度・湿度を維持

2147

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は、「うるさら7(Rシリーズ)」を11月7日から発売する。  従来の冷房運転は、設定温度に近づくにつれて冷房能力を弱めるため十分な除湿ができず、長時間運転をしていると徐々に湿度が上がってしまうという課題があった。うるさら7の新冷房方式「プレミアム冷房」では、業界初のデシクル制御の採用により設定温度到達後の低負荷時でも、従来比で最大約5倍の除湿量を実現し、快適な湿度を維持する。さらに「PIT制御」の採用により0.5℃単位で温度を制御。冷房運転時間の約8割を占める、設定温度到達後の運転時でも、快適な温度と湿度を保つため、電気代を考慮した控えめな運転でも快適に過ごすことができる。
 高温でも能力が落ちにくい新冷媒HFC32(R32)と、発熱しにくい電気部品の採用により、業界で初めて外気温45℃での冷房運転に対応。酷暑化する日本の夏への対応を強めたのみならず、高温時の省エネ性はHFC410A(R410A)を使用した過去の機種に比べ最大で約30%向上した。
 気流の向きや運転音、表示ランプの明るさを睡眠に最適な設定にして運転する「おやすみ運転」機能も搭載。最小40Wの消費電力で快適な温度・湿度を維持し、安らかな睡眠をサポートする。