News

日立ジョンソン、「白くまくん」さらに清潔に

メーカー名商品名
日立ジョンソンルームエアコン「白くまくん」

熱交換器とファンを自動洗浄

21852

 日立ジョンソンコントロールズ空調(フランツ・サーウィンカCEO)はルームエアコン「白くまくん」プレミアムXシリーズを10月末から発売する。昨年から搭載した「凍結洗浄」機能を進化させ、新たに「凍結洗浄 ファンロボ」機能を搭載。ファンのホコリも自動で洗浄できるようになり、一歩進んだ清潔機能を実現した。
 可動ブラシがファンの先端部に溜まりがちなホコリを自動で掻き落とす。続いて、ブラシの向きを変えて熱交換器に接触させ、熱交換器を凍結。室外機の熱を逆流させることで大量の霜を高速で溶かし、熱交換器とブラシに付着したホコリや汚れを一気に洗い流せる。
 エアコンの内部を清潔に保つことで、部屋にニオイを発生させず、冷暖房能力を高め、電気代の節約にも寄与する。価格はオープン(参考価格:6畳タイプで25万円、29畳タイプで40万円前後)。同社では「来年は消費税増税も控えているため、春先に駆け込み需要も狙っている」という。目標月産台数は3万5千台。

(2018年9月10日号掲載)