News

オリックス、AI搭載のAGVをレンタルに追加

ピッキングの一部自動化が可能に

21894

 オリックス(井上亮社長)とオリックス・レンテック(井尻康之社長)は、棚入れやピッキング作業を一部自動化できる、ギークプラス社製「AI搭載 自動搬送ロボット EVE」のレンタルサービスを8月3日から開始した。
 物流ロボットを6カ月間無償で提供するレンタルサービス(18年5月開始)のラインアップにEVEを追加。同サービスの取り扱いは7メーカー8機種となった。サービス利用対象はオリックスが開発する物流施設に入居するテナント。
 EVEは商品が並ぶ専用棚の下部に潜り込み、棚自体を作業員の待つワーキングステーションまで自動で運ぶ。作業員はディスプレイの指示に従って商品を棚から出し、LEDランプの点灯している箇所に必要数量を入れるだけ。作業員が歩いて商品を運ぶ負担を軽減でき、「EVEは30分の充電で10時間の稼働が可能。手作業に比べて作業効率を約3倍向上できる」(オリックス)。
 EVEを制御するシステムは、蓄積した商品の入出庫データを分析し、頻繁に出荷する棚は作業員の近くに自動で配置を変更するなど、常にレイアウトの最適化が図れる。

(2018年9月10日号掲載)