News

アマダマシンツール、超硬丸鋸盤

メーカー名商品名
アマダマシンツール超硬丸鋸盤「CM II―75DG/CMII-100DG」

可動鋸刃ガイドで、高品質切断

21974

 アマダマシンツール(田所雅彦社長)は、小径鋼材切断用の超硬丸鋸盤「CM II―75DG/CMII-100DG」を11月1日に発売する。自動車部品業界、鋼材切断業、鍛造業界向け。丸材の切断能力は75DGがφ10~76・3ミリ、100DGがφ20~101.6ミリ。販売価格は1200万円から。初年度販売目標は200台。
 丸鋸刃を支える上下ガイドは従来、最大被削材サイズに合わせて固定配置されており、切込開始点から遠いため、丸鋸刃を十分に支持できない課題があった。これに対して、新製品に搭載した新機構の可動鋸刃ガイド「Dyna Guide」は、切込開始点の最も近い部分で、ガイドの配置場所を動かせるようにした。その結果、切断の精度に最も影響を与える突入時の丸鋸刃の振れを従来機比5分の1に抑えることに成功。安定した高品質な切断を実現する。
 アマダグループの中期経営計画では、アマダマシンツールの切削事業の売上高を21年度に500億円とする目標を掲げている。今回発売したCM Ⅱ―DGシリーズはバンドソーマシンに次ぐ切削事業の主力商品と位置づけた。
 アマダマシンツールでは、「超硬丸鋸盤本体と被削材の搬入・搬出のための多彩な周辺装置(オプション)をパッケージ展開し、ニーズに応じたきめ細やかな自動化ソリューションを提供する。これにより、CM Ⅱ―DGシリーズの販売台数を21年度までに17年度比3倍にすることを目指す」という。

(2018年9月25日号掲載)