トピックス

キタムラ機械、大径工具使える高速5軸MC

世界最小、難削材加工も高効率に

 キタムラ機械(北村彰浩社長)は、同時5軸制御立形マシニングセンタ(MC)「MedCenter5AX」(=写真)を開発。初披露したIMTS(シカゴ工作機械見本市)の開幕初日(9月10日)に発売した。「Med」と名付けた通り、当初は医療向けを想定して開発したが「光学部品のほか小物複雑形状部品分野での反応も非常に良い」(同社)。JIMTOFにも出品する。定価(税抜)は2980万円、年間12台の販売を目指す。同機の発売により、同時5軸制御立形MCは直径170ミリ~1000ミリまでの加工に対応する6機種のラインアップとなった。
 機械幅1.2m、設置面積2.4mと公衆電話ブース並みにコンパクトな機体ながら、直径180ミリ×高さ175ミリの加工に対応。同社では「世界最小スペース」を謳う。独自の工具交換装置の開発により、省スペース機では不可能だった40本の工具収納も可能にした。
 標準搭載した毎分3万回転の高速主軸では、直径50ミリ、長さ200ミリの大型工具の搭載も実現した。「高速回転の小型MCは通常、φ6~8ミリの小径工具しか搭載できないとされるが、その常識を覆した。異例の大径工具採用により、負荷の大きい難削材の加工の生産性向上が期待できる」(同社)。また、A軸(傾斜軸)は毎分3万6000度、C軸(回転軸)は毎分200回転の追従性の高い回転動作を実現した。
 高分解能光学式スケールフィードバックや独自の熱変位補正システムを標準装備し、微細複雑形状の長時間加工にも高精度加工を実現したほか、機上での自動計測にも対応できる。納入した数年後でも拡張可能な12面自動パレットチェンジャーにも対応する。