News

CGS、CAM-TOOL新版

メーカー名商品名
CGSCAM−TOOL(キャムツール)

同時5軸への変換機能刷新

22452

 C&Gシステムズ(塩田聖一社長)は、金型5軸制御マシニングセンタに対応するCAMシステム「CAM−TOOL(キャムツール)」の新バージョン(V14.2)をこの11月からリリース。
 新版では「同時5軸自動変換機能」を刷新した。使用するツーリングが干渉しない安定した5軸加工データを、簡単な操作で自動生成できる。操作は、3軸加工パスの設定に、基準となる傾斜角度の設定を行うだけ。
 同機能は、高精度な仕上がり面を実現する3軸データの生成を基本とし、3軸で加工できない場合にまず固定傾斜軸を加えた同時4軸を優先して適用。それでも干渉する場合に5軸を適用するというもの。同時5軸データ生成時には、同時に動く軸数を最小限に抑えて累積誤差を減らすほか、テーブル旋回軸や傾斜軸の急激な角度変化を抑えて滑らかな機械動作を実現する「スムージング機能」を加え、ハイレベルの同時5軸加工を行えるようにする。
 加えて、金属加工の業界で注目度を増す、壁面の加工に適した「バレル工具」や、なだらかな曲面の加工に適した「レンズ工具」などへの対応を広げた。これまでバレル・レンズ工具は3軸~位置決め(割出し)5軸までの対応だったが、新版ではこれら新型工具による同時5軸加工にも対応させた。
 新版の製品価格は同時5軸仕様で640万円(3軸仕様520万円)。オプションモジュールを含め年間250ライセンスの販売目標。

(2018年11月10日号掲載)