トピックス

YKK AP、施錠忘れをスマホに通知

IoT防犯システム「ミモット」発売

 YKK APは、戸締り安心システム「ミモット」を2019年1月から発売する。
 侵入盗の45%はカギの締め忘れが原因(警視庁調べ)と、戸締りを忘れてしまったがゆえの被害は後を絶たない。今回発売する「ミモット」は窓やドアのセンサーとスマートフォンを連動させ、カギの閉め忘れを通知し、防犯を強化する。
 窓のカギに取り付けるタイプのセンサーは、カギを操作することにより自ら発電し通信を行う技術を活用しており、電池などの電源や配線を不要とした。「既設の引違い窓やサムターンタイプのドアに後付けできる」(中谷卓也住宅商品企画部長)。
 外出時に玄関ドアのカギを閉め忘れた場合は、自宅から遠く離れる前に締め忘れを通知。また、玄関ドアのカギを閉めると、他の閉め忘れた箇所を即座に知らせてくれる。さらに家族の名前を登録したキーを活用することにより、外出先でも家族の帰宅を確認することが出来る。
 機器参考価格(受信機1台、窓2ヶ所、玄関ドア、勝手口)は12万円から。月額使用料は500円とした。今後は「住宅以外の施設や学校関係など、幅広い対応を進めていきたい」(山地慎一郎副社長)としている。