News

佐竹化学機械工業、液量や粘性に柔軟対応

メーカー名商品名
佐竹化学機械工業汎用ポータブル攪拌機
22521

 国内有数の攪拌機メーカー・佐竹化学機械工業(西岡光利社長)の小型タイプの攪拌機が好調な売れ行きを見せている。
 売れ筋の「EGミキサー」は攪拌容量10~100㍑、小容量から中容量までの試験・生産に適している。
 本体操作パネルで簡単に起動、停止、回転数の変更が可能で、回転速度(毎分8~400回転)、シャフト長(400~580㍉)が自在に調節できる。また新開発のリバーシブルタイプ高性能インペラ(攪拌翼)で、より作業効率を高めた。PSE法に対応し、安全装置により異常時は緊急停止する。
 汎用タイプの「ポータブルミキサー」はクランプと本体を一体化することにより、小型軽量化を実現。「一般的な液混合、希釈、スラリーの沈降防止、均一攪拌などに最適」という。インバータ搭載型の中速仕様「A720-BX」は毎分72~360回転。ダイヤル操作で回転数を変え、液量・粘性の変化にも柔軟に対応できる。

(2018年11月25日号掲載)