News

クリナップ、冬の入浴事故対策

脱衣所、風呂場の暖め提案

22748

 クリナップ(竹内宏社長)は、冬季に多発するヒートショック対策として、脱衣室及び浴室に効果的な商品を提案している。
 脱衣所の寒さを解消する壁付け暖房機「Hotウォール」は、暑さ18ミリとスリムな外観で、輻射熱により無風、無臭、無音での暖房を実現、狭い空間にも設置できる。表面温度も60℃以下なので、触れても火傷の心配がない。またタオル掛けもついているので、タオルやバスマットの乾燥にも効果がある。
 高保温性システムバスルーム「アクリアバス」は、入浴前に脱衣所でスイッチを押すだけで浴室を暖めてくれる「床夏(とこなつ)シャワー」を標準装備。1分間で床面の温度を10℃から25℃まで上昇させる。加えて、床に撒かれたお湯が蒸気となり充満することで、浴室全体を暖める。
 天井、壁、床の裏側まで保温材で包み込む「浴室まるごと保温」は、入浴後30分経っても浴室は20℃以上を保つ。さらに風呂ふたや浴槽は保温材で、浴槽下は防水パンで覆っているため、4時間後でも湯温の低下は2・5℃以内と、「多少入浴時間がズレても、家族全員が暖かいお風呂を楽しむことができる」(同社)。

(2019年1月1日号掲載)