News

アマダホールディングス、土岐事業所に新工場を建設

生産能力、2020年に倍増へ

22821

 アマダホールディングス(磯部任社長)は1月17日、土岐事業所(岐阜県土岐市)内に、金属板の曲げ加工機や材料の自動搬送装置などを生産する、新工場棟「第2工場」を建設すると発表した。
 第2工場は鉄骨1階建、延床面積1万6900平方m。稼働開始は2020年4月を予定。第2工場の稼働と既存工場でのファイバーレーザ加工機の生産拡張などにより、11年に開所した土岐事業所での生産能力を現状の倍に引き上げる計画。
 第2工場ではレーザ加工機の自動化に使われる、材料の搬入搬出装置や保管棚の生産を新たに開始する。曲げ加工機については、部材の溶接・加工から完成品の組み立てまで一貫して生産できる体制を構築する。生産能力は曲げ加工機が月間40台、レーザ加工機用周辺装置が月間24台。
 人手不足や働き方改革などに対応し、年齢や性別、国籍を問わず多様な人財が活躍できる労働環境への変革も土岐事業所内で進める。溶接ロボット導入や熟練技能を必要としない工法の活用、IoTを活用した生産計画の自動立案などで、社員の負担を軽減するという。
 新工場の建設により、土岐事業所には主要な板金事業商品の製造ラインが整う。西日本向けの商品供給基地として、基幹拠点の富士宮事業所(静岡県)、自動化装置を生産する福島工場(福島県)をバックアップ。これにより、中期経営計画の成長戦略に掲げたファイバーレーザ加工機や自動化ソリューションの拡大を支える考え。

(2019年1月25日号掲載)