News

安川電機、中型のラインアップ強化

メーカー名商品名
安川電機MOTOMAN-SP130

新型スポット溶接ロボ

22893

 安川電機(小笠原浩社長)は、スポット溶接用ロボットの新ラインアップ機種として、このほど中型サイズのロボット「MOTOMAN-SP130」の販売を開始したと発表した。
 自動車ボディや部品のスポット溶接がターゲット。自動車業界では低燃費化をめぐりアルミやハイテン鋼などの新素材をより多く利用しているが、新ロボットは、こうした新素材を使った溶接で求められる高加圧スポット溶接に必要な要素を満たした。
 容量を増したガン用サーボモータ(2.5キロット)を新開発し、スポット溶接電動ガンの高加圧化に対応。また、サーボモータをバッテリレスにし、生産性やメンテナンス性の向上につなげた。加えて直線動作時の最高速度制限を撤廃した。
 この結果、同サイズの同社既存機種の動作速度を超えるスピードを可能にし、かつ可搬質量も大きくアップ(30キロ向上の130キロ)。高加圧スポット溶接の最新ニーズに応える。価格はオープン。

(2019年2月10日号掲載)