News

コロナ、暖房&床暖房を連動運転

メーカー名商品名
コロナコロナエコ暖クールエアコン

エアコン付きヒートポンプ床暖房

22896

 コロナ(小林一芳社長)は、再生可能エネルギーであるヒートポンプを活用した「コロナエコ暖」シリーズの新製品「コロナエコ暖クールエアコン」を6月上旬より順次発売する。
 室外ユニット1台で夏はエアコン冷房、冬はヒートポンプ床暖房とエアコン暖房を併用することができるため、限られたスペースにも設置しやすい。寒い冬場は運転開始時はエアコンに出力を集中し室温を上昇させ、しばらくするとエアコンと床暖房の連動運転に切り替わり、室温と床温度を上昇させる。室温が設定温度に達した後は、床暖房のみの運転に切り替わる。「連動運転はエアコンの即暖性と、室温が低くても暖かく感じやすい床暖房の輻射効果を有効利用できる」(同社)。
 制御機能を集約した新型リモコンは、運転状態が分かりやすく床暖房の温度設定やオプション設定をかんたんにした。リモコン1台で最大4系統が制御でき、ライフスタイルに合わせた使い分けを可能にした。さらにZEHにも対応しており、省エネ法における定格冷房エネルギー消費効率区分「い」をクリアしている。本体価格は税別75万円から。

(2019年2月10日号掲載)