News

YKK AP、玄関ドアをモデルチェンジ

メーカー名商品名
YKK AP玄関ドア「ヴェナート D30」

通風、エクストラデザインを強化

22921

 YKK AP(堀秀充社長)は、玄関ドア「ヴェナート D30」を4月8日より発売する。ヴェナートは2002年の発売以来、累計販売数170万セット以上のロングランシリーズ。今回、10年ぶりにフルモデルチェンジする。多様化するライフスタイルに合わせ、性能向上やデザインバリエーションを増やした。
 フレーム材質の変更や複層ガラスの中空層拡大などにより、従来品より12%断熱性を向上させた。2030年に新築住宅の平均でZEH実現を目指すという国の施策など、住宅の高断熱化に寄与する。
 ナチュラル、シンプルなどの4テイスト、全62デザイン20カラーをラインナップ。ニーズが高い通風デザインのドアを強化。内開き通風機構を採用し、業界最多の12デザインを揃えた。その他、ステンレスや漆調パネルなどを採用した上級グレード「エクストラデザイン」も新設した。
 バックチェック機構付ドアクローザーを標準搭載。また、子供の指ばさみに配慮し13ミリの隙間を設けた新丁番(日本特許申請中)を採用した。価格は31万8000円(税抜)から。

(2019年2月10日号掲載)