News

三菱日立ツール、耐摩耗性に優れたエンドミル

メーカー名商品名
三菱日立ツール高硬度鋼加工用4枚刃ボールエンドミル「EHHBE−TH3」

高硬度鋼の荒加工に最適 

23116

 三菱日立ツールは2月20日、高硬度鋼加工用4枚刃ボールエンドミル「EHHBE−TH3」(=写真)を発売した。
 新製品は、従来のエポックハイハードボール「EHHB−ATH」に新開発のTH3コーティングを施したボールエンドミル。TH3はTHコーティングの第3世代で、高硬度鋼の加工において優れた耐摩耗性を発揮する。
 先端に特殊エンド刃を設けた刃形状、ビビリ振動抑制効果の高い不等分割の4枚刃、広いチップポケットなど、従来品(EHHB−ATH)の工具設計は継承。これにTH3コーティングが融合することで、安定した高能率加工をさらに長寿命化する。
 推奨加工用途は40HRC~72HRCの高硬度鋼の荒加工~中仕上げ加工で、なかでも50HRC以上の焼入れ鋼の加工に向く。また、工具の外周刃を使用する高能率側面切削では、高硬度鋼の荒加工にも適している。
 レギュラー刃の工具径はφ1~12ミリ、全17アイテム。税別価格は1万710円~3万2440円。

(2019年3月10日号掲載)