News

ダイキン工業、スタイリッシュな業務用室内機

メーカー名商品名
ダイキン工業スタイリッシュフロー

黒×直線のシンプルなデザイン

23119

 ダイキン工業は4月18日に発売する業務用室内機「スタイリッシュフロー」の説明会を東京ビッグサイトにて開催された「第47回国際ホテル・レストランショー」内で行った。同社の常務執行役員の舩田聡空調営業本部長は「近年、他店にはない特別な演出にこだわりを持つ店舗が増えており、スタイリッシュな空間に調和するデザインを追求した」という。
 トレンドの開放感や無骨さを演出する天井の躯体むき出しの「スケルトン天井」によく馴染むよう、黒を基調とした直線的でシンプルなデザインに仕上げた。製品高さ210㍉の薄型設計と、板を重ね凹凸をほどこした積層手法で圧迫感を軽減した。また従来機では下面にあった空気の吸い込み口を背面に配置したことで、ホコリが吸着した面を見えづらくしたという。
 運転時も停止時も見た目が変わらない4枚フラップは、きめ細かく風をコントロールすることができる。冷房時は風が人に当たりにくく、暖房時は天井付近の暖気を攪拌。上下の温度ムラを軽減でき、開放空間の大きいスケルトン天井に最適という。また6月に発売するオプションの「リフトグリルチャンバー」を取り付ければ、グリルの昇降が簡単で、脚立なしでフィルターの手入れができる。
 同社のデザインの顧問を務めるウォーターデザインの坂井直樹氏は「主張しすぎず、空間に上手く調和するデザインを心がけた。デザインしすぎないデザインがテーマ」と話した。

(2019年3月10日号掲載)