News

鈴木油脂工業、油だけ吸着し処理容易に

メーカー名商品名
鈴木油脂工業油吸着材「シェルビオ」

再流出防ぎ、におい抑える

23154

 油の処理に頭を悩ませない現場はないだろう。忙しくなるほど油の使用量が増える。つまり廃棄する量も比例するということだ。水質汚染の原因となるだけに、排水溝に流すわけにもいかない。一斗缶やドラム缶などに保管し、廃棄物処理業者が引き取りに来るまで置いておく必要がある。
 悩みの種である「保管スペース・手間・におい・コスト」を解決するのが、鈴木油脂工業が開発した油吸着材「シェルビオ」だ。使い方は油に撒布するだけ。「油を吸着すると変色するので、色が変わらなくなるまで適量を撒いていく」(同社)という。
 油だけ吸着させ、水は弾くため、水面に約24時間、フタなどで密封できる場合は1週間以上浮かぶ。
 ヒトや動植物に影響を与えない環境対応品で、金属が腐食する心配もない。油水分離槽、グリストラップ、浄化槽、側溝、河川、池、オイルフェンス内などにも使える。状況に応じて、処理後は網などで回収するといったことも可能だ。
 ポイントは含有するバクテリア。水と二酸化炭素に分解し、回収や保管の手間が少ない。油の保持率は約95%(30分放置後)。マット状の市販品に比べて保持率が高いだけでなく、「一度吸着した油は再流出せず、においもしない」という。
 処理できる液体は、鉱物油、動物油、植物油全般。自重の約4.5倍(軽油などの場合)吸い取ってくれる。

(写真=シェルビオの使用前(写真左)と処理後(写真右))

(2019年3月10日号掲載)