News

LIXIL、災害時にも使いやすいトイレ

メーカー名商品名
LIXILレジリエンストイレ

1リットルの水で洗浄可能

23320

 災害発生時の避難所生活などで、トイレ環境が喫緊の問題となっている。政府が推進する「国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)」のもと、自治体などは避難所でのトイレの確保・管理など、災害への備えを進めている。しかし現状は、通常の水洗トイレと災害用トイレを使い分ける形で、衛生面の確保など多くの課題があるという。
 そこでLIXILは「いつもと同じみんなのトイレ」をコンセプトに、INAX災害配慮トイレ「レジリエンストイレ」を開発した。従来の水洗トイレは5リットルの水で洗浄するが、レジリエンストイレは強制開閉弁を採用することで、災害時は1リットルの水で洗浄可能な状態に切り替えられ、断水時でもいつもと同じ場所でいつもと同じように使用することができる。1リットル洗浄時は持ち運んだ水をトイレ鉢内に入れるか、タンクに注水するかを選択可能。少量の水で洗浄できるため衛生的なのはもちろん、水の確保や運搬の負担の軽減につながる。価格は税抜18万円で、4月1日発売。

(2019年3月25日号掲載)