News

一番の超高層ビル、清水建設が180億円で受注

 完成時、インドネシア一番となる超高層ビル建設を清水建設が指名受注した。地下6階、地上47階建て高さ261.5m。受注額は約180億円で2018年1月に完成予定。複合企業アストラ・インターナショナルから受注した。地元民間建設大手との共同事業体で手掛け、出資比率は清水建設が6割。同社は現在、現地企業とのJVでメディア大手MNCグループからの大型複合ビル「MNCタワー」を建設中だ。